デザイン経営セミナーに参加してきました。

静岡県主催 デザイン経営セミナーが三島で開催されており、11/21その第2回ワークショップに参加してきました。

今回参加した大きな理由は、いよいよ地方にもデザイン経営の波がやってきたのか!という期待と、実際のところ盛り上がっているのかなという肌感覚をつかみたいなと思ったからです。

結論から言うと、デザイン経営が盛り上がっているかと言う部分では、経営者層より、関係者の方がまだまだ多いのかなという印象でした。個人的には、デザイン思考的ワークショップが体験でき、とても貴重で有意義な時間を過ごすことが出来ました。

静岡デザインセミナー 経営×デザインの力

キックオフ講演会&パネルディスカッション
第1回 ワークショップ [自社の強みを見つけ、オリジナル商品を作る方法]
第2回 ワークショップ [デンマーク「KAOS PILOT」のクリエイティブリーダーシップを体験]
第3回 ワークショップ[見る側の心理を知り、デザインの基礎を学ぶ講座]
第4回 ワークショップ[観察からはじめるデザイン 見えないニーズを掘り起こす講座]
第5回 実践講座 クリエーターと一緒に考えるオリジナル商品・サービス
静岡デザインセミナー 2018

KAOS PILOTとは

私は知りませんでしたが、混沌(カオス)な世界をナビゲートできるパイロットを育てるを由来とした
ビジネススクールとデザインスクールの考えを統合したビジネスデザインスクールとのことです。

1989年に起きた「ベルリンの壁崩壊」の影響があったといわれています。また、当時スウェーデン、ノルウェー、デンマークの北欧諸国は不況に見舞われ、若年失業率も高くなり、仕事を作り出すことが大きな社会的課題の一つになりました。
そこで、いつ、何が起こるかわからないカオスな状態でも、自ら仕事を生み出し、パイロットとなってナビゲートできる人材を育てようと作られました。

デザイン思考を学べるd.schoolとかは興味があり、調べたりしましたが、今回初耳の「カオスパイロット」かなり心惹かれます。

クリエイティブリーダーシップ

リーダーに必要なことは、想像力を発揮できる場、関係性を作り出すこと。リーダーが正解を持っている必要はない。
失敗できる環境・関係性を作り、どんな熱量で成果を出すかを導いていくことでチームの想像力を発揮させることができる。

「デザイン思考」と「マーケティング思考」どちらも大事

マーケティング思考のみで生産すれば、誰が作っても同じものができる。
デザイン思考のみでアプローチしても数字のコミットメントがないのでGoサインが出ない。
バランス感覚が大事。

今回、ワークショップ形式で、グループインタビューや招待状のプロトタイプづくりなども行いました。
短い時間で様々な意見やアイデアが上がることが改めて実感できました。
経営にデザインの力を取り入れて、ビジネスを成功に導く経営者が増えていくことを今後も期待しています!

関連記事

  1. デザイン✕経営でHAPPYに

  2. デザインは経営者の仕事、デザインするのはプロの仕事

  3. 自分の幸せを考える

  4. デザインを取り入れるときに「やってはいけない」こと3選

  5. 「らしさ」を最大化させるために

  6. デザイン経営セミナーに参加してきました。